白髪染めと頭皮が荒れてしまった時の応急処置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
白髪染め

ヤンキーの町、湘南で育ちましたが(笑)

白髪染めになるまで、髪を染めた事がなくバージンヘアーを守ってきました。

ここ最近、白髪染めしないとヤバくなり、特に右側だけが猛烈にすごいので

このまま、染めないと大槻ケンジみたいに、片側によった感じの人になりそうなので

色んな美容院で白髪染めしましたが、やっぱり、使っている顔料によって荒れ具合が変わります。

カラーリングの持ちが良いものほど、頭皮がその後かなり荒れますし

髪や肌に優しいものだと、カラーリングがすぐ落ちちゃいます。

白髪の撲滅を優先して、頭皮が荒れてしまった時の応急処置について、お知らせしますね!

<シャンプー>

通常のシャンプーよりは、だいぶきしむ感じがしますが、

ジェントルクレンザーをシャンプーとして使って、頭皮の荒れを抑えます。

これは、ヒアルロン酸配合のクレンザーで、顔だけでなく、頭から足先まで体中うすべての皮膚にやさしく汚れを落としてくれるので、荒れた頭皮にもやさしく、痒みが治まってきます。

<保湿>

洗髪後は、コロイドシルバーミストを頭皮全体にミストし、爪を立てないように指の先で頭皮を軽くマッサージして、肌に浸透させます。

頭皮の荒れが酷い部分や、襟首や耳の後ろなど、荒れてしまいやすい部分には、ヒーリングクリームをすこしずつやさしく塗ります。

一気に塗りすぎると髪がべたついてしまいますが、ヒーリングクリームは浸透性が抜群に良いので、少しずつ頭皮において塗っていくと、すっと肌になじんでべたつきがありません。

 

 

リコンストラクティブクリーム

 

白髪染めで顔が染まってしまわないように、顔料をつける前におでこの生え際につける油性クリームも刺激になりうるので、その代わりに、敏感肌の方には、植物性のリコンストラクティブクリームを使用していただいている美容師さんもいらっしゃいますよ。

ご自分でも、美容院にリコンストラクティブクリームを持ち込んで、少しでもご自分の肌に合わせて、白髪染めをしてもらうのも良いですね。

敏感肌やアトピーで悩まれている方は、意外とこんなこと言うのは申し訳ないな と思って自分のために何かをしてもらうことを、伝えずに飲み込む方がとても多いのです。

ですが、一つでも自分に合った商品を見つけることができたら、それを使ってください!ってもっともっと自分を表現して大丈夫です!

グリーンスパハワイの商品がそんな皆さんの後押しになれたらよいなと思っています。

ハワイのオーガニックコスメ専門ショッピングサイト

お買い物はこちら

ハワイ・米国在住の方は、こちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。