アトピーはステロイドを使わずに治す。改善への3つの道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アトピーの治療法として、一番に上がるのが、医師の指示による”ステロイド治療でしょう。ステロイドの治療は、アトピー、一般の皮膚炎だけでなく、喘息やアレルギーなど多くの場面で使用されています。ですが、ステロイドの使用に対しては、漠然と不安だという声が多く聞こえます。

ステロイドのメリット

・即効性がある

・辛いかゆみが治る

・赤みや炎症を抑える

このような効果を早いタイミングで感じやすいのは事実です。しかし、ステロイドを長期的に使用し続けると、デメリットがあることもわかっています。

ステロイドのデメリット

・皮膚が硬くなる

・乾燥、赤み

・皮膚を薄くする

・産毛が太くなる

などがあり、ステロイドで一時的によくなっても依存してしまったり、長期的に使用すると、肌や時には体内への負担も非常に大きくなってきます。また、長年溜め込んだステロイドを抜くにもかなりの時間と忍耐力が必要になります。

ステロイド以外の皮膚炎の治療法

・環境を変える

環境が変わると、キレイな肌を取り戻すこともあります。ハワイにアトピー治療をしに来る人もいますが、環境が変わり、気分が変わることで自然治癒力が高められて行くのです。

・食事を変える

食事療法をすると、1か月程度で便秘気味から腸美人へと変わる人が多くいます。体の中から老廃物を出していき、少しづつ改善へと近づきます。

・ナチュラルな保湿を行う

アトピーの時に一番辛いのは、酷いかゆみと肌荒れでしょう。また脱ステロイドを始めた人も、しばらくは酷い痒みと肌荒れに挫折しそうになることもあります。カピカピになってしまった肌は化粧水も浸み込まず、すぐに渇いていきます。そのため真皮まで水分を丁寧に打ち込んでいく必要があります。

アトピー肌の人は、本来とてもキメが細かくて美肌の持ち主であることも多いのです。まずは、痒くなる原因を見つけてそれに気づき、対処していくことが大切です。

自宅でできるステロイドを使わないスキンケア

・クレンジング

ヒアルロンジェントルスキンクレンザー 

刺激が少なく、アトピーで荒れた肌にも優しく使えます。 スポンジやネットに少量取って泡立て、やさしく肌をなでる様に洗ってぬるま湯で洗い流します。顔、身体、髪にこれ一本で全身に使用できます。洗い上がりはタオルでこすらずに軽く押さえるように水分を取ります。

・化粧水

コロイドシルバー・ラベンダーウォーター 

肌を保湿すると同時にPHバランスを整え、コロイドシルバーの治癒力とラベンダーの鎮静力でお肌を柔らかく、すこやかに保ちます。 炎症を抑える効果、抗菌効果もあるので、痒みのある肌に吹きかけて、手のひらで優しく押さえながら肌になじませます。汗をかいた肌にふきかけるとかゆみが沈静化されます。

・保湿

ヒアルロンリコンストラクティブクリーム

ヒアルロン酸をたっぷり配合した濃厚でなめらかなクリームは、特に治癒力に優れ、乾燥肌、荒れた肌などをしっかり保湿します。植物成分から作られたシアバターやエモリエントが肌のかゆみや痛みを和らげながら治癒します。

天然成分のみで作られ、かゆみを感じたら何度でもたっぷりと肌に塗ってください。

まとめ

アトピーは環境的、また生活習慣などの要因から発症する可能性があります。ステロイド以外にも治療法はあり、環境や食事などを変えたり、ナチュラルなケアで改善していくことができます。グリーンスパハワイの化粧品は植物由来の成分が中心なので、敏感肌の方も安心してご使用いただけます。

敏感肌専用コスメショップはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*