かゆくて辛いアトピーが悪化した時のオーガニック応急処置4ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

激しいかゆみや腫れを伴うこともあるアトピー性皮膚炎。多くの場合、掻きむしってしまうことによって、肌がただれたり、赤みや腫れを生じます。

アトピーとは、痒みのある湿疹を慢性的、また反復的によくなったり、悪くなったりを繰り返します。繰り返していくうちに、皮膚が薄くなったり、肌が白く乾燥してきたり、ますます肌の状態が悪化していくという悪循環に陥りやすいのです。

かゆくてたまらないときの対処法

1. 肌を清潔に保つ

2. 化粧水で整える

コロイドシルバーは、ナノ化コロイドシルバーとラベンダーのシンプル処方で、肌あれを防ぎながら肌を柔らかくなめらかに整えてくれます。防腐剤やアルコール不使用。家族みんなで使用可能。

<オススメの利用法>

綿100%のガーゼかフェイスマスクに冷蔵庫で冷やしたコロイドシルバーを、たっぷりしみ込ませ皮膚の炎症を沈めます。

乾かないように、何度かスプレーして何も考えずに30分程リラックスしてください。乾くと汁が出ている所が固まるので、常に濡らして皮膚表面が乾かないようにしましょう。

3. 保湿

清潔な肌に、ヒーリングクリームリコンストラクティブクリームをたっぷりと患部に塗ります。ベトベトで白くなるくらい塗った方が潤いをキープできます。

4. リラックス

塗った後は、深く息を吸って気持ちを落ち着かせることが大切。イライラや落ち込んだ気持ちはアトピーを余計に悪化させる要因になります。なるべく何も考えずに、早く就寝するように心がけてください。

ヒーリングクリームとリコンストラクティブクリームの違い

ヒーリングクリーム

アトピーの赤ちゃんや子どもには、掻きむしった肌には染み方が軽いです。

リコンストラクティブクリーム

有効成分が強く、保湿力も高いので高学年以上のアトピーにはオススメ

まとめ

皮膚のかゆみやただれ、腫れなどを慢性的に繰り返すアトピーは重症化すると精神的にも負担が大きくなります。そのような時は、肌の潤いを保つようにケアをすることが大切です。グリーンスパハワイの化粧品は植物由来の成分が中心なので、皮膚が弱くなってしまっている敏感肌の方も安心してご使用いただけます。

敏感肌専用コスメショップはこちら

アトピー、商品に関するご相談は、

info@greenspahawaii.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*